商標の更新登録

 

商標権の存続期間は、設定登録から10年です。登録から10年経過し、さらに10年の登録の更新を希望する場合には、存続期間の更新登録申請の手続きが必要となります。更新手続きは、存続期間満了日の6ヶ月前から存続期間満了日までの期間中にすることができます。

 

更新登録すると、更に10年の間、商標権が存続します。商標権は、10年ごとに更新料を支払って更新手続きを繰り返すことにより、半永久的に権利を保持することが可能です。

 

一方、更新手続きをしなかった場合には、存続期間満了日をもって商標権は消滅します。

 

更新時期のお知らせサービス

忙しい日々の業務の中、商標登録の更新時期を正確に把握することは大変な負担ではないかと存じます。トレードマークワゴンでは、お客様に商標登録の存続期間満了日を、事前に確実にお知らせいたします。

 

更新時期のお知らせサービス

更新時期のお知らせは、3通お送りいたします。

  1. 1回目のお知らせ
    存続期間満了日の約6ヶ月前に、Eメール又は郵送で通知いたします。
    この時期以降、約6ヶ月間、更新登録の申請が可能です。
  2. 2回目のお知らせ
    存続期間満了日の約2ヶ月前に、通知いたします。
  3. 3回目のお知らせ
    存続期間満了日の約1ヶ月前に、最後の通知をお送りいたします。

これらの大切な通知を、確実にお客様にお届けできるよう、住所、氏名、Eメールアドレス、ファックス番号等、お客様のご連絡先に変更があった場合は、必ず当事務所までお知らせください。

 

尚、「更新時期のお知らせサービス」に関しましては、商標登録や更新登録の手続きを当事務所で代理した案件のみ、そのお客様に対してご提供しております。

 

商標更新の費用

更新にかかる費用は、以下の通りです。

実際にいくらかかるか、更新前にお見積りいたします。

 

尚、更新料の特許庁への納付は、存続期間10年分の一括納付、または前期5年分と後期5年分の分割納付、という2つの納付方法から選ぶことができます。下記の概算価格表でも、この2つに分けて記載しております。

 

分割納付を選択した場合、5年後に、後期5年分の更新登録料の納付が必要となります。前期5年分と同額の更新登録料及び弊所手数料が必要となるため、10年間の維持費総額としては一括納付よりかなり割高となってしまいます。

 

どちらを選ぶかは、商品のライフサイクルや、資金状況等を勘案して決めると良いでしょう。

 

※下記の金額は、税抜き価格で表示しています。

 

存続期間10年分の更新登録料を一括納付した場合

  特許庁 印紙代 弊所手数料 合計
計算方法は?

38,800円

x

区分数

30,000円  
1区分 38,800円 30,000円 68,800円
2区分 77,600円 30,000円 107,600円
3区分 116,400円 30,000円  146,400円

前期5年分の更新登録料のみ分割納付した場合

  特許庁 印紙代 弊所手数料 合計
計算方法は?

22,600円

x

区分数

30,000円  
1区分 22,600円 30,000円 52,600円
2区分 45,200円 30,000円 75,200円
3区分 67,800円 30,000円 97,800円

更新の際には、商標権者の氏名・住所等を確認しましょう。

更新時には、商標登録から9年6ヶ月から10年が経過しているため、商標権者の氏名(名称)や住所が既に変更されているケースがみられます。登録されている氏名・住所等に変更がないか、この機会に確認することを強くお勧めいたします。

 

変更があれば、更新手続きと併せて、商標権者の情報の変更登録手続が必要です。

 

「更新」+「氏名・住所変更」または「譲渡等」の特別価格

トレードマークワゴンでは、更新」+「氏名・住所変更」または「譲渡等」の2つの手続きをまとめた特別価格でご提供しております。

 

更新プラス氏名住所変更または譲渡等の特別価格

 

特別価格 その1

「更新」+「氏名・住所変更」
 商標登録の更新 + 商標権者の氏名(名称)・住所の変更登録

特別価格 その2

「更新」+「商標権の譲渡等」
 商標登録の更新 + 商標権の譲渡等の移転登録

 

「更新」+「氏名・住所変更」または「譲渡等」の詳細情報・価格については、こちら